日本大学の産官学に関するポリシー

日本大学産官学連携ポリシー

社会貢献は,教育,研究とともに大学が果たすべき第三の使命である。自由な発想に基づく独創的な研究や社会的要請に応える研究等により得られた成果を積極的に活用して産学官連携を推進し,日本大学(以下本大学という)の目的である世界の平和と人類の福祉とに寄与するため,本大学は,次のポリシーを定める。

 

優れた知的財産の創出
本大学における学術研究を通じて,産学官連携の基礎となる優れた知的財産の創出に努める。

 

産学官連携推進体制の充実
産学官連携を積極的に推進するため,産官学連携知財センター(NUBIC)をはじめとする産学官連携推進体制を充実する。

 

産業界との連携の強化
受託研究・共同研究の実施,ベンチャービジネスの創出等を通じて,産業界との積極的な連携・協力と大学からの産業創出に努める。

 

社会に対する信頼性の確保
透明性の高い産学官連携活動を推進するため,利益相反に関する規程等学内諸規範を整備し,社会に対する説明責任を果たす。

 

地域社会への貢献
日本各地にキャンパスを持つことを本大学の強みとして生かし,従来以上に地域産業・経済と積極的に連携・協力し,地域社会に貢献する。

 

人材の育成
本大学における産学官連携に関する意識を高め,産学官連携に携わる人材の育成に努める。

 

 

以 上